【きむ茶工房ガレージハウスの掲示板】

FC2BBS

13205

誹謗、中傷、虚偽情報や商用目的・宣伝目的等の利用と判断した場合は削除する事があります。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

arduino始めました! - 24V

2017/07/23 (Sun) 21:08:44

arduino始めて、ここの記述が一番わかり易かったので、
試しながら、毎日拝見しています。

次の《arduinoのスケッチ3》 Stepper動作でつまづきました。
VRをマップして、x = map(x, 0, 1023, 0, 100)
一度は動くのですがVRが0になると、VRを回しても動かなくなってしまいます。
リセットすれば動きますが、0になると動きません。
どうしてこうなるのか理解できないのですが、
別のスケッチは動いています。
この様な簡単なところでつまづいてます。

何か、手立てがあるのでしょうか?
よろしく、お願い致します。

Lチカ なかなかどうして! とんかつ

2017/07/17 (Mon) 19:41:33

ホストさま

65の手習いで、私 最近 arduino
(Maruduino UNO R3)
始めた者です。
このページ参考にさせて いただいてます。
ありがとう ございます。

きっかけは、DSPラジオモジュールとPICとLCD1602で
周波数表示出来るラジオを作りたいと、はじめたのですが・・・、そちらは まだ、まだハードルが高くて・・・。
頓挫中。
raspberryPi3より少し優しそうなので、参考書も無しに、Webのページを見ながら、arduinoを いじりだしました。
コードを書いて、「うっ!コンパイル通らない!」
『なんでだろう♪~』なんてことを繰り返しながら・・
『おお!点いた』って!!
実際、はじめる前は、『Lチカなんて、どこが面白いの?』って、思ってました、正直のところ。
ところが、どっこい・・
中々、どうして、面白いですね!!!
実際 キーボードからコードを入力して、一発でOKになりませんが
スケッチの結果が、目で確認出来る事って
大昔にやった、「乾電池と豆電球の実験」の時には、何も
感動はなかった(記憶が無い)様に思いますが・・・
単にLチカでも、たいそう、おもしろいですね!!
三色Ledのグラデーション変化も、とても楽しめました。

実体図あり、コード解説、コマンド解説ありで、
私の様な入門者に優しい
ページ構成で、おおに勉強になります。

ありがとうございます。

Re: Lチカ なかなかどうして! - きむしげ

2017/07/18 (Tue) 22:34:29

こんばんわ
自分でプログラムしたのがその通りに動作した時の感動は
私も今でも楽しんでいます。
その動作させるまでの過程も一苦労ですがぁそこも楽しみの一つでしょうか?
何度も挫折しかかったことも多々ありますがぁ、
それでも諦めずに頑張れば何とか動作した時の思いもひとしおですね、
私の解る範囲で在ればお答出来るかもです。
”周波数表示出来るラジオを作りたい”目標に向かい少しづつでも頑張りましょう。

返信ありがとうございます ヒデ

2017/06/08 (Thu) 20:20:41

きむしげさん
こんばんわ

お忙しい中、返信下さりありがとうございました。
プログラム見ているのですがなかなか難しそうです。
送っていただいたプログラムを参考にもう少し学習して動作させてみたいと思います。動いたらまた投稿します。
ありがとうございました。

12F1822によるLED点滅制御(点灯、消灯別々)プログラム ヒデ

2017/06/06 (Tue) 22:05:58

初めまして
PIC初めての超初心者です。
12F1822で
LEDの点滅を可変抵抗2個で点灯時間消灯時間を別々に制御したいのですが2ポートのアナログ入力をどう処理すればよいのでしょうか。プログラム例を示して教えていただければ嬉しいのですが。よろしくお願いします。

MPLABX,XC8のインストール、使い方、PICkit3での書き込み
(ブレッドボード使用)全部、きむしげさんの記事を参考に、コピーペーストで、プログラムの意味も分からないままPICを動かすことが出来ました。
動作させたのは
12F1822--LED点滅。12F1822--可変抵抗によるLED明るさ可変。12F1822--可変抵抗によるLED点滅可変(12F675を参考に)
非常にわかりやすいです。ありがとうございます。


Re: 12F1822によるLED点滅制御(点灯、消灯別々)プログラム - きむしげ

2017/06/08 (Thu) 08:48:39

>12F1822--可変抵抗によるLED点滅可変(12F675を参考に)
このパターンのON時のウエイト時間とOFF時のウエイト時間に
それぞれ読み込んだアナログ値を入れてやれば1秒~10秒程度の
時間で動作させる事が出来るでしょう、
サンプルのプログラムと参考回路をメールで先ほど送りましたので
参考にして下さい。

データシートと違う arduino太郎

2017/05/13 (Sat) 16:40:01

Arduinoの動かせ方入門の「音センサー(マイク)でLEDを点灯させます」にあるトランジスタ(2SC1815)のECBがデータシートと逆になっています。

PS
自分の場合マイクの値がシリアルモニタに反映されなくて困っています。410近くで停滞したまま、もしくは上記のようにトランジスタをデータシートにあわせて配置すると1023のままになってしまいます。

Re: データシートと違う - きむしげ

2017/05/15 (Mon) 09:39:24

おはようございます。arduino太郎さん

データシートを再確認しましたがぁ
あっているような気がしますがぁ....
ブレッドボードにトランジスターを挿すのですが、
刻印方向が自分の向こう側を向いている感じで挿します。
自分が見て裏側が見える様にです、
この方向で右足が1番ピンとなるはずです。
3番ベース側がマイク方向に配線される様にです。

後ぉ、チェックポイントは
2SC1815はGRタイプ電流増幅率(hFE)が200倍~400倍の物を使っています。
マイクの端子は+ -方向が有ります。
それとぉ、半固定抵抗は3本の足が有り、真ん中を47KΩ抵抗側です
右足をGNDに配線しています。
真ん中でなく左に配線すると20KΩに固定されてしまうので、
5Vの47K-20Kの分圧なので値も350そこらの値しか出ないと思われますがぁ。

後は部品の定数と配線が有っていれば動作すると思うのですがぁ
私の場合はこの回路で動作したので記事にしました。
その辺りをもう一度チェックして下さい。

Re: 上下が逆でした。(まちがえました。) arduino太郎

2017/05/16 (Tue) 00:01:02

トランジスタの見方が前後ではなく、
上下逆に見ていました。
1023の値がでるのは配置まちがいのようです。
配置し直したところ、正常に動きました。
今は、閾値と、半固定抵抗の調整をしております。

ライブラリのライセンスについて - カリラ

2017/05/05 (Fri) 00:12:59

このページで公開してくださっている情報を参考にさせていただき楽しく開発できています。とても感謝しています。

工房で公開されているソースコードのライセンスについて記述が見つからずどのように使っていいものか迷っています。
もし何かライセンスを決めていましたら教えてください。

もし見落としてましたら申し訳ありません。ポインタをお教えください。
よろしくお願いいたします。

Re: ライブラリのライセンスについて - きむしげ

2017/05/05 (Fri) 22:26:46

こんにちは カリラさん

トップページの最後に

ソフトウエアについて
当サイトのソフトウエアは特に記述が無い限りPDS(Public Domain Software)とします。
作権表示義務無し。商用利用、改造、自由。連絡不要とします。
役立ててやって下さい。

って書いて有る様に好きに扱ってもらって構いません。
なのでぇ、プログラムにもライセンスの事は書いてなかったりします。
がぁ、どこかの片隅にでも出所を書いて貰えば嬉しかったりします。

ただぁ、他のサイトのライブラリを使っている場合が有りますがその場合は、
そこのサイト様に依存します。

Re: ライブラリのライセンスについて - カリラ

2017/05/06 (Sat) 00:06:37

トップページの一番下でしたか。
ごめんなさい。見おとしてました。

情報ありがとうございました。
今後も安心して利用させていただきますし、
もちろん私の成果物をどこかに公開する際は出所を書かせていただきます。

返信ありがとうございました。

赤外線通信実験パート2 - 桜

2017/04/10 (Mon) 19:02:32

初めまして。
今回、赤外線通信の実験コードを利用させて頂きたいと思います。
少し改造したいのですが、ページの最下部のスケッチの中で、IRbitLenとIRbitDataをモニタに出力した後、IRbitDataをメモリに保持させず、固定でモニタの数字をスケッチ上に記載しようと思います。
IRbitDataは文字列なので、int変換する必要があると思うのですが、上手く行きません。
IRbitDataが仮に、010101010101101011110001010010000110100010001011
( AA 5A 8F 12 16 D1 )
であった場合、どういった値をIRbitDataに与えれば宜しいでしょうか?
スケッチにIRbitData=〇〇〇〇〇〇;と記入したいのです。
宜しくお願いします。

Re: 赤外線通信実験パート2 - きむしげ

2017/04/11 (Tue) 10:47:23

初めまして、桜さん

簡単な方法は、まず、
 // スイッチ2が押されたら受信内容の送信と表示を行う
 if (digitalRead(SW2_PINNO) == LOW) {
   //DspData(IRbitLen,IRbitData) ; // 表示する
   for (int i=0;i<IRbitLen;i++) Serial.print(IRbitData[i]) ; // この行
   SendData(IRbitLen,IRbitData) ; // 送信する
   delay(1000) ; // チャタリング防止
 }
の所で、for (int i=0;i<IRbitLen;i++) Serial.print(IRbitData[i]);
を追加してArduinoIDEのシリアルモニタに内容を表示させます。
11001011010....00の様に表示されるのでこれを

char IRbitData[64] ; // 受信データを格納する変数('0'/'1'で格納)
int IRbitLen ; // 受信データの長さ

char IRbitData[64] = {"0111010101001010"};
int IRbitLen = 16 ;

みたいに表示された内容を固定値として設定すればOKと思います、
シリアルモニタ内容をコピーペしたら入力ミスはなくなるでしょう老婆心まで。
但し、SW1を押して記憶させたら固定値は変わりますよ念の為。

Re: 赤外線通信実験パート2 - 桜

2017/04/12 (Wed) 09:04:26

きむしげさん、早速の対応ありがとうございます。
コンパイルできました。
が、淡い期待は裏切られました。
恐らくON,OFF波形の長さが原因で、残念ながら動作しませんでした。
同じ型のアクオスリモコンだったので、動くと思っていたのに・・・
ロジックアナライザーもないので、一旦終了です。

// アナライザーで表示させた 実際の送信時間(リモコンからの受信時間)
#define ON_USEC 1235//1138 // 1.212-1.235ms(1.235-1.237) (1.285-1.287)
#define OFF_USEC 395//304 // 367.5-390us(395-397.5) (412.5-415)
#define STOP_USEC 1500 // SHARP-TV Panasonic-light
#define READ_H_USEC 3450//1605 // 3.44ms(3.45) (3.505)
#define READ_L_USEC 1662//1560 // 1.635ms(1.662) (1.722)
#define HIGH_USEC 455//206 // 452-478us(442.5-470) (455-457.5)
この辺りは何回か弄ってみました。

ADS1015のarduino用サンプルスケッチについて - カエデ

2017/03/07 (Tue) 08:40:30

お初になります。
カエデと申します。

ADS1015とarduinoでA/D変換したくてこのページにたどり着きました。
サンプルスケッチをお借りしようと思ったのですが、リンクが切れたのか分かりませんがダウンロードできません。
一度確認していただいてもよろしいでしょうか?

Re: ADS1015のarduino用サンプルスケッチについて - きむしげ

2017/03/07 (Tue) 10:19:47

初めまして、カエデさん

アップし忘れていました。
ご迷惑をお掛けしました、
ごめんなさい。
アップして置きました、
よろしくお願い致します。

Re: Re: ADS1015のarduino用サンプルスケッチについて - カエデ

2017/03/07 (Tue) 11:39:46

きむしげ様

カエデです。

素早い対応ありがとうございますm(__)m
これからもサイトを利用させていただきます。
よろしくお願いします。

GPS時計の液晶LCDの表示関数について 三角むすび

2017/01/15 (Sun) 13:13:13

きむしげ様お世話になります。三角むすびでございます。
きむしげ様のHPで以下のページについて、質問させて下さい。

http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/GPS/GPS2.htm 内

GPS1.lzhについて

skI2CLCDlib.c の C言語ソースについて

/*******************************************************************************
* LCD_SetCursor(col,row) *
* LCDモジュール画面内のカーソル位置を移動する処理 *
* 実際のDisplay Data RAMは2x40byteのエリアが有ります。(但し2-line display) *
* 指定位置の数値データ内容チェックは行っていないので数値は正しく設定する事。*
* *
* col : 横(列)方向のカーソル位置(0-39) *
* row : 縦(行)方向のカーソル位置(0-1) *
*******************************************************************************/
void LCD_SetCursor(int col, int row)
{
int row_offsets[] = { 0x00, 0x40 } ;

command(0x80 | (col + row_offsets[row])) ; // Set DDRAM Adddress : 00H-27H,40H-67H
}



上記関数内の数値は以下のHPの説明から、
今回のGPS時計では、
LCD_SetCursor(int col, int row)内をどのような値に設定すれば良いのか教えて下さい。
今回の実験では液晶LCDは表示しなかったので、この関数の設定を変えなければならないと僕は考えています。(コメントにある・・・指定位置の数値データ内容チェックは行っていないので数値は正しく設定する事・・・ここがわかりません。すみません。)

http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/MPLAB/12F1822/LCD/LCD.htm

通常LCDのDDRAMアドレスを指定してそこに文字データを書き込めば画面に表示されます。
(以下は8文字x2行と16文字x2行のLCDにて説明しますが、1行LCDは少し異なります、
 ここでは"2-line display"ですよ)

DDRAM構成図
DDRAM構成図
緑枠が8文字x2行のLCDで、青枠が16文字x2行のLCDです。

この様に実際は表示している場所以外もDDRAMエリアが有り、その場所に対しても文字データを
書き込めますが表示はされません。(表示させる方法は有ります)
でぇ、その隠れているエリアを表示させる為に、ページ画面と言う概念を用いて私独自の方法で
表示できる機能を提供します、ってこんな機能必要なの?みたいなぁ。

ページ画面機能

下記の様にDDRAMをページ単位に分けて、そのページを指定する事により表示させます。
16文字x2行LCDは[20H]/[60H]以上は使いません。(もったいない人はご自分で行いましょう)

Re: GPS時計の液晶LCDの表示関数について - きむしげ

2017/01/16 (Mon) 09:57:20

話長くなりそうなのでメールします。

GPS時計の液晶LCDの表示について 三角むすび URL

2017/01/15 (Sun) 10:23:39

お世話になっております。きむしげ様。
ご許可戴いたGPS時計製作致しておるのですが、液晶LCDに時刻が表示されません。詳細は下記URLに不具合の模様を写した動画をアップロードしてありますので、ご覧になって戴けないでしょうか。僕が思うに、液晶LCDを表示するコンストラスト調整に何か問題があるような気がするのです。アドバイス戴けたら幸いです。宜しくお願い致します。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.